現実創造

望む現実的変化がない人は「頭の中」をチェックしてみて♪

望む現実的変化がない人は「頭の中」をチェックしてみて♪

「豊かに幸せに生きるお茶会」や「瞑想会」では、

「幸せに生きていく」ことを望むなら

自分に対して「優しく」

あることを伝えてきました。

まずは自分、
そして自分が満たされ幸せが溢れてきたら他人へ。

自分が不満だらけの状態で他人をハッピーにすることは難しいから。

例えとして

(家族が好きな食べ物ではなく)
自分の好きな食べ物を買う

(他の人が注文したメニューと同じものではなく)
自分が食べたいものを注文する

(値段が多少高くても)
自分の欲しいものを買う…

これは初級の段階。

私の瞑想のお客様においては
かなりできていると思う。

「生きやすくなった」

「取り巻く状況もうまくいき始めた」

という声もたくさん聞いています。

でもその次の段階の

「自分の望むような現実的な変化」

はまだない人も多いように思う。

「なぜなのかな?」

と考えてみました。

頭の中も自分に「優しく」

みんなお買い物や食べるものなど

「行動レベル」

では自分を優先することをコツコツできていると思います。

行動レベルではできていても、果たして

「自分の頭の中」

はどうなのでしょう。

自分に「優しく」あるだろうか?

自分に「許可」を出せているだろうか?

私もそうだったし
今も油断するとそうなのだけど

結構自分に厳しくなっていないかな。

できない自分を責めたり

他人と比べて自分はダメだと思ったり

自分にムチ打って何かをさせようとしたりしてないだろうか。

「頭の中」でそれをしているうちは
「行動」で自分に優しくしても
現実創造は難しい。

「頭の中」と「行動」が一致していないということは

「自分と一致していない」

ということになるから。

それゆえ
エネルギーも分散され
自分の望む何かを
手に入れることや成し遂げることは難しくなる。

「自分を甘やかしてばかりでは
今よりもっとダメになっていくのではないか?」

と思うかもしれませんね。

でも心配ないです。

「頭の中」と「行動」で
とことん自分に優しく
甘やかしてあげると
自分のすべてに「許可」が出せ
よりパワフルになれるのです。

そうなると常に

「自分と一致」

「自分と調和」できているので

他人が気にならなくなります。

他人が自分の中に入ってこないということは
その分自分に集中でき
エネルギー漏れをさせずに
自分の望みにフォーカスして突き進めるというわけです。

もちろん

「他人を無視してね」

とは言ってないですよ。

他人を思いやる心は持ちながらも
まずは自分を

「行動」

「頭の中」

両方で優しくし

「それでいい」と許可を出してあげるだけ。

まとめ

行動レベルでは自分を優先したり
優しくもしているのに

「望む現実的変化がない」

と言う人は

自分の頭の中がどういう意識でいるか

チェックしてみてくださいね。

頭の中までも自分に優しく
許可が出せるようになると
現実に変化が出てくると思いますよ。

今は自分と他人が分離しているように見えるけどそのうちに

「自分=他人」であるから

「自分に優しくすることは他人に優しくするのと同じ」

だとわかると思います。

前回の記事
2022年初詣♪富士山本宮浅間大社へ

目次1 「富士山本宮浅間大社」へ初詣1.1 「富士山本宮浅間大社」基本情報1.2 ご参拝1.3 湧玉池1.4 稲荷神社2 動画「神様が見える子供たち」3 参拝後のお楽しみ「江戸屋」のパン4 まとめ 「 ...

続きを見る

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

人生イージーモード! 読者登録

ご登録いただけますと、人生イージーモード!の最新情報をメールでお届けいたします。

-現実創造
-

Copyright© 人生イージーモード! , 2022 All Rights Reserved.